ELEAGUE GroupB semifinal NiP vs OpTic

NiP vs OpTic戦は波乱の開幕となった。
1Mapまぶたのcobblestoneでピストルラウンドを制したOpTicは完全促進を見せ、相違を詰めようと始めるNiPをシャットアウト。
NiP横もときおり奪い返すも、次のラウンドに結び付けることができずに3-16という一方的スコアで敗北する。

2mapまぶたのoverpassでは一転してNiPの一方的レクレーションに。
当初は至極隙を見せずに13-2と1mapまぶたとは正反対の促進にし、客のOpTic感想を一掃した。
16-2でレクレーションを取り、レクレーションを虚無に戻しやめ地図へ。

やめmapのtrainはそれまでとの促進とは一転、お互いに譲らない接戦となった。
NiPがピストルラウンドを統べるものの、アッという間に奪い返し、地図の優位を利用してリードするOpTic。
一進一退の攻防が続き、6-9で折り返す。
後半の1stラウンドを作るNiPだが、OpTicも当初のお返しとばかりにすかさず取り戻す。
だがfribergのスーパープレイも飛びだし、相違をいきなり詰めるNiP。
アドバンテージが消えたOpTicだったが、重要なラウンドでついに踏みとどまりNiPを追い詰める。
はじめて1ラウンドを取り戻すも、一部分リードされ稼ぎ系にも難しいシーンを救ったのはf0restだった。
MAG-7でのクアッドキル、却って次のラウンドでも3キルを叩きだし、2ラウンドで$10000以来を稼ぎ稼ぎ顔の苦悩をあっという間に解約。
対決を決めに行くOpTicだったがエコラウンドを回避したNiPが逆転し、16-14でゲームセット。接戦を見事にものにした。高麗美人 効果

ジシバリとツユクサとハコベについて勉強した

花の行為について学習しました。ジシバリ(所縛り)は、キク科で茎は長く所をはい、その先で根をはりまた伸びて、大地を結わえるようにおおいます。葉や茎を下回ると白い汁が出てきてなめると、にがみがあります。岩の間の少しの土壌にも根をはるのでイワニガナともいいます。ツユクサ(露草)は、ツユクサクラスで高さ20〜50cmになり、花期は6月収〜9月収だ。朝早く開いた花は昼間にはしぼみます。その短命が名称の草分けだ。花びらの汁を青花と済む、染色に用います。青色のことを花色というのもこのためだ。ハコベは、ナデシコ科で春の七草の1つでハコベラともよばれます。鳥やウサギのえさになり、おひたしにして食べると旨いだ。朝日が触れると花が解くのでアサシラゲともいいますが、天気の酷い日は開花しません。花の冠について勉強してきましたが、聞いた行為ある花の冠もありましたが、知らなかった花の冠もあったので花について知れて良かったです。ひざ上脱毛