涙なしでは読めない絵本!!「ママがおばけになっちゃった!」

絵本大好きな子どものために、毎週のように図書館で絵本を借りています。
私自身、本を読むのが大好きなので、子どもに絵本を読み聞かせるのは
とても楽しい時間。
子どもが出来るまで絵本を読む機会なんてなかったんですが、
読んでみると本当に奥が深いお話が多くて、
大人の私も感心したり、驚いたり、感動したり…ということが
よくあります。

中でも、子育て中のママに読んで欲しいのが
「ママがおばけになっちゃった!」
という絵本です。
のぶみさんという絵本作家の方が描かれた絵本です。
のぶみさんの絵本は、他にもたくさん面白いシリーズがあり、
息子も私も大ファンです。

「ママがおばけになっちゃった!」は、タイトル通り
主人公の男の子のママが亡くなっておばけになってしまうという
お話です。
衝撃的なお話なのですが、おばけになったママと
主人公の男の子との触れ合いが、のぶみさん独特の
ユーモラスなタッチで描かれています。

でも、最後にママが息子に自分の気持ちを
伝えるシーンは、母親にとっては涙なしでは読めません。

つい最近、続編となる
「さよなら ママがおばけになっちゃった!」
という絵本も発売されました。

そちらもとてもいい内容の絵本です。

ぜひぜひ興味のある方は読んで下さい。
子育て中のママにはおススメです。キュッとcutto 楽天

電流累計のことなどについて探究をしていました

電流の所について演習しました。電流が流れていないケース、電子はイレギュラーの方向に動き回っているので、全体としては電気の移転は安いだ。電流が流れているときは、電子は+極に引きよせられるので、−極から+極に向かって動きます。電流の方向と電子の流れ出る方向がちがうのは、雷光は電気ですことを確定した真っすぐリンが、+の電気をもつ物は電気が超越であり、−の電気を秘める物は電気が不足していると考えたためです。次は、電流合算についてだ。やり方は、直融資を用います。+端子を電流の+極側に、−端子を電源の−極側につなぎます(電流のがたいがわからないときは、−端子は最大のナンバーの端子を取り扱う)。回路のはかろうと始める部分に直列につなぎます。注意することは、電流合算を電池や電源オプションに直接的つないだり、回路に並列につながないことです。電流の所について演習をしましたが、久しぶりの呼称なども出てきたので復習みたいな感じでできて良かったです。人気 全身脱毛