日々の職務の経験は正当に評価されねばならない

自宅の向かいの家では、自宅のバックに居残る遮断垣根の復元工事を行なっている。もう随分と前に作られた垣根なので裂け目が入ってきたと言う。全面的な復元工事なので、現存する垣根を初めて取り壊して真新しい垣根をやり直すという手順である。工事の初日は解体のために費やされた。そして今後は遮断を積み上げて真新しい垣根を作って出向く。それを見ていて自身が感じたのは、職人君たちが日毎せっせと遮断を積み上げて行けばもうすぐ最適垣根が出来上がり、これを見て人々は奴らの職業風を容易に評価することができるということである。翻って、自身がいつぞや従事していたような経理任務の場合はどうにか。経理の場合も同じように日々の商売を仕訳というシルエットにして会計制度に入力して出向く。日毎せっせと仕訳を入力して行くのは、貸借景色表面や損益勘定などの財務諸表を取る結果です。しかしながら、そういった職業は何やら地味な職業で、他領域の人々の瞳にふれることもないし非常に評価され辛いという実態が起こる。最大手ともなれば、日々の仕訳の積み増しが最終的には連結財務諸表となって展示なるわけだが、その割合は評価されることが少ない職業とも呼べる。かじ取り幹部がどうも地味なそういった職業の重みを実感していないと、その業者の将来は恐ろしいと言わざるを得ないと自身は思うのである。http://www.tektro.biz/